スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロとミルクティ おとぼけ編

2011.07.14.11:59

コロはしっかり者の兄のようだけど、とてもドジ。そして食いしん坊。

友達が持って来てくれたチーズケーキを椅子の上に置いておいたのが
間違いだったんだけど、ホールごと、半分は平らげてしまった・・・。(/・_・\)アチャ-

そしてこれ↓ ↓ ↓ プププッ (*≧m≦)=3

DSCF3404.jpg

もう呆れて笑えて、しばらくそのままにしておいた私。

ポテチの袋をそのままにしておいた私も悪い。
しかし、残りをペロペロしているうちに奥へ奥へ・・・
頭が抜けなくなってしまった!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

アメリカのポテトチップスの袋はデカイ!

でも、何でえ???こんなことになる犬って、世界中探しても滅多にいないよお。
尻尾も垂れ下がっちゃってえ・・・

あまりにもおかしくて、ぷーちを呼び、写真を撮り、
しょーがないから取ってあげました。

コロの頭、チェダーチーズ&サワークリームの匂いがいして臭い!
本当に笑わせてくれる・・・。

ミルクティはいるだけで、その顔そのものが笑いの種。

DSCF4461.gif

猫って、寝てる時何をしても起きない生き物だということが分かった。
いたずらしても何をしても起きない。
コロはさすが、その点は犬だから、イタズラは出来なかった・・・。
でも自分でやってくれるから、いたずらをしなくても良かったんだけどね。

ちなみにこれを乗せたのはぷーちでした。
こよなく愛していた分、思い切り遊ぶことが出来た。

DSCF4242.gif

コロはソファの上にも乗らないいい子だったのに、
猫の行く手をさえぎることは出来なかった・・・。
どこにでも乗るし、隠れるし、遠慮がない。全く遠慮なしで乗りまくる。

仕事でパソコンを使ってても、最初は近くで寝てて、どんどん迫ってきて、
モニターは見えなくなるし、キーボードを打つことも出来ない。
もぉ~~~~ジャマ!!と言って下に下ろすけど、またすぐに上ってくる。懲りない。

愛すべきコロミルちゃんは、本当にいつもいつも傍にいて笑わせてくれました。
コロは愛情深い犬で、私が泣いていたら、舐めてくれるし、ずーっと話しも聞いてくれた。
まあ、ミルクティはその間、寝てるだけだけど・・・( ̄∇ ̄)

こんなに幸せなのに、こんなに愛してるのに、どうして私はこの子たちを置いて日本に・・・。

でも友達のKちゃんが、「コロミルは現在幸せかもしれない。でも、naomiNと離れることで、
寂しいかもしれないけど、もしかしてもっと幸せになれるかもしれない。
naomiNにとっては辛いかもしれないけど、今が一番幸せとは限らないんだから、
コロミルを手放すことは悪いことじゃないかもしれないよ。」

と言ってくれたことで、日本に連れて行くことを断念した。決心がいついた。
長い間飛行機に乗り、日本の検疫所で何ヶ月も過ごすことを考えたら、
優しい飼い主さんの元で暮らすことが一番幸せな選択だと思った。

辛くて悲しくて、今でもコロミルのことを思うと涙が止まらないけど、
コロミルの幸せを考えるなら、アメリカの自然の中で暮らすことが一番いいと。

コロに会って抱き締めたい。ミルクティとずーっと一緒に寝ていたい。

そんなことばかり思っていた。後ろばかり振り返っていた。
叶わないことを思ってばかりいて、自分で涙や悲しみを引き寄せていた。

それじゃあいけない。とブログを書いているうちに思い始めた。
色々な人生があり、人それぞれ、色々な悲しみや苦しみがある。

私は世界一不幸でかわいそうな人間だと思ったこともあった。
愛する家族と離れ離れになること、ぷーちと父親が離れ離れになること。

そんなことを思うと、私は世界一ダメで悪くて不幸な人間だと思った。

だけど、生きている。ここでぷーちとメイと、新しい一歩を踏み出したばかりだ。
だから、前を向いて歩かなきゃいけない。とようやく今になって思った。

口では前向きになったよ!と友達に元気良く言う。決して涙なんか見せない。
でも、それも口先だけのことだと、ようやく気が付いた。

コロとミルクティとのことと向き合って、この子達にきちんとお別れを言わないと前に進めない。

私はずっと逃げていた。本当の悲しみから逃げていた。怖かった。
さよならって言うのが怖かった。
もうとっくにさよならしているのに、未だに自分のペットだと思ってる。

違うんだよね。コロもミルクティも、とっくに新しい家族が出来て幸せになっている。

私だけ、ずっと引きずっていて前に進めないでいた。2年も実は立ち止まったままだった。

コロミルを記事にする勇気を持てたこと。
力を貸してくれたKちゃんや、ブログを応援して下さっている皆様に感謝します。

本当にありがとう!コロとミルクティ、本当にかわいいでしょう!私の自慢です!!
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.07.14.20:51

どんなに時間がかかっても、

きっと前に進めるときが来るって、ワタシもこの1年で学びました。

今も上がったり下がったり(笑)忙しいけど、
それでも、前に向かっている自分を感じます。

naomiNさん!
大丈夫、もうしっかり前を見て歩いているよ!

応援するとか、見守ってるよ~ なんて、言わない^^
一緒に前へ進んで行こうね~


No title

2011.07.14.22:30

新しい家族の元で幸せに暮らしていても、
今でも家族だと思っていいと思います。
自分の大切な家族。
気持ちは、簡単に切り替えられるものではありませんから。
それは、後ろを向いているのとは違うと思います。

離れていても家族

2011.07.15.21:29

今は日本から遠い空の下で過ごしている「コロとミルクティ」は、離れていても、「家族」なんです。


家族は物理的に離れていても「絆」で強く結びついています。

そう、大切なのは物理的にそばにいることより、「絆」で繋がっているかどうかなのです。


コロとミルクティはきっと、その絆を理解していますヨ(o^-')b


「家族」との想い出は、大切に心の中に保存しておきましょうネ^^

Re: No title

2011.07.16.11:13

ろここさん

なんでこんなに泣き虫なんだろうって自分が情けなくなるくらい、
コロミルのこととなると更にダメダメな私。

でも、記事にして泣ききって、前に進もうって思えたんです。
これがある限り、本当の意味で変われないって。
何だか子供みたいで恥ずかしいですが、頑張りますよ。

本当に、一緒に前進しましょう。亀より遅いですがね・・・(・c_,・。)ゞ

Re: No title

2011.07.16.11:14

かのこさん

家族って思っていいんですかね?
新しい家族がいるのに。
でも、心の中の永遠の家族だと思ってます。
かのこさんの猫ちゃんの写真を見て癒してもらってます。
ありがとうございます。

Re: 離れていても家族

2011.07.16.11:23

ミチヤさん

コロとミルクティは理解してくれたでしょうか?
捨てられたと思ってるんじゃないかと、ずっと自分を責めていました。
なので、この子達のことを記事にするのが辛かった。

最後に見たコロとミルクティの目は今でも忘れられません。
本当に悲しい顔。鳴いて訴える顔が忘れらない。

それすらも、きちんと話せる日が来るのかなあ?

記事にする=心の整理をするにつながったと思います。
頑張って整理してから前を向いていきます。

大丈夫!(o^-')b

2011.07.17.02:26

だって、naomiNさんの心に「絆」がしっかり胸に
刻まれているじゃないですか。


この思いは必ず「コロとミルクティ」に伝わっています。


別れの時は、誰しもが悲しみを感じます。

そして離れ離れにならなくちゃならない理由は、
「コロとミルクティ」も読み取っているはずです。


だからこそ、「コロとミルクティ」も寂しさを感じたのでしょう。


別れが「コロとミルクティ」を強くしてくれるはずです。
そして、幸せも見つけるでしょう。


今、こうしてブログ記事にすることが、
「心の整理につながった」のなら、


それは美しいことだと思います。



「ゆっくりと流れる景色をぼーっと見つめるくらい」のつもりで、
景色の流れに合わせて、自然とゆっくり前に進めばイイじゃないですか^^

焦らず、行きましょう(o^-')b

Re: 大丈夫!(o^-')b

2011.07.18.19:48

ミチヤさん♪

コロとミルクティは今、幸せですよね。
私の願いはただそれだけ。

私といた頃より何百倍も何千倍も幸せでいてくれることを願うばかりです。

なかなか整理がつかず、心が幸せじゃないのは、ふたりとの別れがあったからなんです。

そうですね。焦らず・・・2年も頑張ったんだから、徐々にこれからも、
ふたりのことを笑って語れるように。

万が一再会しても、笑ってさよならが言えて、再会を約束できるように。

難しいけど、頑張ります!Thank you so much!!

No title

2011.07.19.09:17

構いませんが…うちは猫ではなくて犬です^^

Re: No title

2011.07.19.20:05

かのこさん

ごめんなさい!間違えました。
これからも宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
プロフィール

naomiN

Author:naomiN
ニューヨーク、バハマ、
ラスベガスと渡り歩いて
22年。2009年4月から
ここ日本で、一人娘の
ぷーちとうさぎのメイの
楽しい暮らしをスタート
させたアラフィフママ♪

大好きなクラフトやバッグ
を楽しみながら作り、
ぷーち&メイの暮らしの中で
常に感謝することを忘れずに
笑顔で暮らしています♪

2012年4月から通信の大学で
社会福祉士を目指し勉強する
ことを決意し、努力の日々♪

4年後に必ず合格する事を
目標に頑張るぞ!!!
今日もありがとう♥

最新記事
最新コメント
大好きブログさん♪
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動物が大好きだから。
同盟バナー緑枠動画 悲しい実話 「こげんたちゃん事件」
フリー素材
i_wanpagubana1.gif
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。