スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝物 大切な思い出 コロ編

2011.07.12.13:59

忘れられない思い出。それはラスベガスで出会った友達、そしてコロとミルクティ。

コロとミルクティは最初にも書いたが、私達が飼っていた犬と猫。

犬と猫と簡単には表現できない、それはまさしく家族だった。

この記事を書くに当たって、私にとって本当に最大の勇気と強さがいる。
写真を加工している時に既に大泣き。 一旦PCを閉じ再開した。が・・・
もうやめよう。と思った。無理だ・・・。見られない。

コロとミルクティはここにはいない。

永遠の家族だと思っているけど、ここにはいない。
どんなに泣いてもどんなに後悔しても、もう戻っては来ない。

だから、2年間、まともに写真も見られず、心の奥底にしまったままだった。

このブログを始めることによって、私という人間を表面に出し隠すことなく出して、
そして、それによって自分が救われるのだと段々分かってきた。
後ろばかり見てた私が、前に向かえる準備をしているのだということが分かってきた。

謝罪の場にするわけでもないけど、コロとミルクティに対して、
永遠の家族、永遠の思い出としてとっておきたいので記事にすることにした。

コロとミルクティのことを書くことによって、私の奥底にしまってあった悲しみ、
そして本当に楽しかった日々をもっと大事にするために皆さんに見て頂こうと思った。
一つの区切りとして書こうと思う。

コロとミルクティの幸せを祈り願い、ここにふたりの軌跡を残したい。

illust2702_thumb.gif

コロは柴犬。2005年6月生まれの男の子。8月にコロを家族に迎え入れた。
コロはラスベガスのペットショップで購入した。値段は1000ドル。日本円で8万くらい。
1000ドルのうち、なんと700ドルをぷーちが払った。
お年玉やお小遣いなど一生懸命ためたお金を全部、どうしても柴犬が欲しくて。
柴犬はアメリカでは珍しいけど、かなり人気の高い犬。
アメリカ人には散歩中によく「きつね?」とか「おおかみ?」と聞かれた。

2005_0823koro0009.jpg

ペットショップにて。このペットショップはケージではなく、奥の写真の通り、
子供用のプールの中におがくずが敷いてあり、その中に2-3頭の仔犬がいた。
犬の足を守っていて、全く匂わない。この店では生き物を大切にしているということがすぐ分かり、ここに決めた。

名前はアメリカらしいところは何もない「コロ」に決定。  コロコロしてたから・・・=^-^=

2005_0823koro0021.jpg

2005_0823koro0030.jpg

初日にカーペットの上におしっこやうんちをしちゃって、本当に大変だった(*^m^)o==3
遊び疲れて二人で寝てしまった。本当にかわいい。本当に愛おしい。

2007_1016summer20070032.jpg

2年後の夏。カリフォルニアの海。ぷーちの髪もかなり伸びたね。
コロは初めてのビーチに大興奮して、水が苦手なのに、
海だとは気が付かず、走り回って水の中に入って行ってしまい、
ひとりでパニックになり、私達は大笑い(*≧m≦)
コロは、どうしよう・・・的な顔をして本当におかしかった!!ドジなヤツだ。

今も水は苦手かなあ・・・?シャンプーするたびに大騒ぎだったね。

私は、コロが散歩や庭から帰ってきた後の匂いが大好きだった。
太陽の匂い?何とも言えない匂いがして、顔を埋めたまま離れなかった。

不思議なことに、ぷーちも同じ匂いがする時がある。
ぷーちがこれだけ犬が好きなのは、犬だった?もしくは今でも犬?

なぜコロと同じ匂いがするんだろう。太陽の匂い。コロの匂い。

もしかしたらどの犬もするのかもしれないけど、私はコロの匂いとして記憶している。

次項は愛すべき迷い猫 ミルクティのことを書こうと思う。ガンバロ・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.07.12.20:53

うん。本当になおみんとぷーちと一緒にいつもコロはいたね。コロがお茶目な事をすると、なおみんがいつも、おばかだな~っなんていいながらすごくうれしそうにコロを見てた。なおみんの写真は、いつもコロの写真ばかり。いつも一緒だったね。ごめんね。こんなこと書いたら余計思い出しちゃうね。書くのつらかったね、勇気がいったね。がんばれなおみん。

Re: No title

2011.07.13.08:59

強くなるため、前進するために書いてるのに、泣けて泣けて何度中断したか。
でも、こうすることで、封印していた悲しいことにも目を向けられ、
いつまでも過去に拘って生きなくていいと思ったから。
コロミルのことを思うと、後悔ということしかないんだ。
幸せになるためにここに来たんでしょ。と友達に言われ、
そうだ、大事なことを忘れていた。何のために私はここにいるの?
と思い、時間はかかると思うけど、後悔という気持ちを消すための第一歩を踏み出してみた。
1日2日じゃ簡単にはいかないけど、頑張るよ。
涙が出なくなるまで、笑ってコロミルの写真を見られるようになるまでね。
応援頼むぜよ。
プロフィール

naomiN

Author:naomiN
ニューヨーク、バハマ、
ラスベガスと渡り歩いて
22年。2009年4月から
ここ日本で、一人娘の
ぷーちとうさぎのメイの
楽しい暮らしをスタート
させたアラフィフママ♪

大好きなクラフトやバッグ
を楽しみながら作り、
ぷーち&メイの暮らしの中で
常に感謝することを忘れずに
笑顔で暮らしています♪

2012年4月から通信の大学で
社会福祉士を目指し勉強する
ことを決意し、努力の日々♪

4年後に必ず合格する事を
目標に頑張るぞ!!!
今日もありがとう♥

最新記事
最新コメント
大好きブログさん♪
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動物が大好きだから。
同盟バナー緑枠動画 悲しい実話 「こげんたちゃん事件」
フリー素材
i_wanpagubana1.gif
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。